読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイへ、新婚旅行へ行くことになった。
最初は料金もほとんど変わらないし、ヨーロッパ方面も考えたが、奥様がヨーロッパに相当行っていたため、
どう考えてもこれまでに行ったところとかぶってしまうので、ハワイへ。ハワイは新婚旅行のために
とっておいていたらしい。

日本-機内

とりあえず飛行機は大嫌いなので、緊張しながら機内へ。緊張したところでどうなるわけでもないが。
そうこうしているうちに、離陸。安定飛行になると、ドリンクのサービスと、機内食が配られた。

緊張
飛行機内の様子をおさめたかったが、食事や空ではないのに、写真を撮るということは、やや羞恥心を感じたため、
こっそりと撮る。座席でお約束の映画を楽しめるが、行きは寝てしまった。
[Panasonic DMC-GF3 LUMIX 14-42mm F3.5-5.6]

[俺の最後の晩ご飯になるかも]
国際線は、出発する便の国から食事が提供されるため、日本での料理が提供される。
俺の機内食は、「俺の株式会社」という、俺のフレンチや俺のイタリアンといった、海外で一流シェフとして活動していたシェフ達が、庶民が食べられるようにお手頃価格提供する立ち飲みレストランである。
俺の機内食はそのたぐいの物だろう。肉か魚かと聞かれなかったので不審に思っていたがこれはうれしい誤算。
[Panasonic DMC-GF3 LUMIX 14-42mm F3.5-5.6]

空港

ホノルル空港へ下りるとすぐにアロハな香りが・・。何のにおいかそのときは分からなかったが、ココナッツのにおいである。
階段を下りるとimmigrationと大きく書かれた看板があり、入国審査を受ける。
指紋を押さえろと言われ、押さえて入国理由を聞かれる。何を言ったのかは覚えていないがすんなり通してもらえた。

空港を出ると、暑いのかと思えば、そう暑くはない。むしろ涼しい位である。ところが日陰から日なたへ移動した瞬間にすさまじい熱気が。
日なたと日陰の差がありすぎる。サングラスなんて格好つけがすると思っていたが、購入しておいてよかった。サングラスと帽子がなければ、厳しすぎる。
サングラスは偏光グラスの方が高いが色がはっきりと見えるのでおすすめである。

[アロハな空港前]
案内バスの時間待ちで暇だったので、たばこを吸うことに。そこらへんにいた、おじさんに訪ねてみると、道路を指さしながら「セントラルなんちゃら〜」
とわずかに聞き取れたので道路へ向かうが、横断歩道はあっても信号機はない。ここはアメリカ。車が歩行者を発見すると勝手に止まるシステム。
[Panasonic DMC-GF3 LUMIX 14-42mm F3.5-5.6]

マクドナルド

空港からバスで案内されたのは、ホノルル中心のDFSギャラリアという免税店の中のJALラウンジ。そこで簡単な集合時刻の説明を受け、解散。
おいおいここでおいてきぼりかよと思うところだが、Nexus 7Google Mapsのオフライン地図を入れておいたので、全く迷うことはない。
とりあえず、DFS内で、ゴディバのコーヒーを買う。
海外でも、地図と自分の場所さえ分かれば何も困ることはない。
その余裕からか、さらにGoogle Mapsで近くに表示されたマクドナルドへ行ってみることに。サイズはあまり日本と変わらないが、パンが違った。


マックらしいマックな店
これが日本にあってもあまり違和感はないような。ただ、看板で Get 2 one freeとかいうのが目立った。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]


ハンバーガー
パン生地がやや違う感じがした。あと、包装の紙がボール紙むき出しで塗装されていない。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

食事後、二人で写真を撮っていたら、見知らぬ人が、これまた「へ〜イなんちゃらら〜」とか言って手を差し出してくる。
たぶん、カメラを撮ってくれるんだろう。そのまま逃げられないか、やや心配したが、体格的には追いつけそうなので、あっさりカメラを渡して撮ってもらうことに。

シェラトン・ワイキキホテル

ホテルまでの道のりはNexus 7に案内してもらうため、全く迷わずにこれた。さすがにこのカラカウア通りには歩行者信号がある。

NO TURN ON RED
歩行者信号はここの写真にあるものではなく、すすめは歩く人。止まれはカウントダウンの数字の横にパーをしている手である。シェラトンは、ここをまっすぐに行くと良い。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

到着
Google Mapsがあるから大丈夫だと思っていても、やはり看板を見ると一安心。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

ここで、問題が発生する。
ホテルで受付をし、カードキーをもらったまではよいが、その部屋に入ってみると、
自分のではないスーツケースが広がっていて、洗濯物が干してある・・・。
また、受付へ戻って説明をし、部屋を間違えたとのことで、再度キーをもらうまでに、英語で交渉をし続けるのが疲れた。
基本的にスタッフに日本が通用しないので仕方がないところだが、散乱した部屋を他人の私たちに見られた人たちがややかわいそうではある。
後に知ったが、受付の右横に日本人専用受付があるならはじめからそこへ行けばよかった。
まだ、晩ご飯まで時間があっため、先輩の先生に頼まれていたエイティーエイトティーズを探すことにする。
ホテル内は無線LANがあるので、Nexus 7を持っていけばあっさりとつなげられる。

部屋は、オーシャンズビューが見れると数万円出費が増えるので、ギャンブルで部屋指定無しにしていたら、なんとダイアモンドヘッドもオーシャンズビューも見られる良い部屋だった。

ダイアモンドヘッドにオーシャンビュー
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

鳩の跳躍
鳩がたまたまベランダに止まってくれたのでその一瞬を撮ってみた。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]


88 tees

88teesへ向かう途中花を見つけたので、写真に撮る。

ヒビスクス・アーノッティアヌス(ハイビスカス)(Hawaiian white hibiscus)
ハワイ・オアフ島原産で、カウアイ島原産は、ワイメマエ、モロカイ島はイマクラトゥスと呼ぶ。イマクラトゥスは、若干黄色がかっているので、わかりやすいが、ワイメアエは区別がつきにくい。
葉の葉脈がどちらも赤みがかっているが、アーノッティアヌスの方が、赤が強い。写真を撮ったのはオアフ島だし、他の写真では葉脈が赤かったので、これは恐らくアーノッティアヌスだろう。
出発直前にカメラのキタムラで安くうっていたため購入したZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5の竹レンズを使用。
よいぼけ具合だ。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

そんなこんなで、エイティーエイトティーズに到着する。
部屋全体ががんがん音楽が鳴っていてテンションが上がる。

とりあえず、たぶんYAYAちゃんと記念写真を撮る。

YAYAちゃん。
YAYAちゃんとLULUちゃんがいるらしいのだが、たぶんこれはYAYAちゃんだろう。
http://www.88tees.com/family/indexj.php
を参照
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

ご飯

晩ご飯はマキノ・マキティへ(MAKINO MAKITTI)。
マキノマキティは、無料でポリネシアショーや、ファイアーダンスが見られる上に、
海鮮が食べ放題という有名な店の一つだ。

向かう道中にやたらと屋台を見かけた。

ぐるぐる屋台
ぐるぐる回転しながらひかる照明器具だろうか。これからやたらと見かけることになる。
他の外国人が写真を撮っていて「写真は禁止だ!」とか結構怒って注意をしていたが、もう既に撮ってしまっていたので、しょうがない。
[Panasonic DMC-GF3 LUMIX 14-42mm F3.5-5.6]

というわけで、日本人にも大人気なわけで

ストリートに出そうな勢いで人がたくさん・・。
こちらは予約を7時にして丁度6時55分頃到着したので、5分位並んでみたが、7時の段階で店の中に入りスタッフと交渉をすることに。
(予約先では7時に予約をしているのだったら7時10分くらいを超えると他の人に入れられてしまうかもなんて言われていたので。)

私「ここで食事をしたい。」
スタッフ「いっぱい人がいるから後ろに並んで」
まぁそう言われると思ったので、続けて言った。
私「確かに私もそう思うんだけれども、私たちは7時にこの店で食事を予約しているんだけど。待った方がよいのか」
スタッフ「ちょっと待って。名前はこれであっているかい?」
私「これは奥さんのです、私はこっちです」
スタッフ「OK,Follow me」
スタッフ「ショーが見られる最高の席を用意したぜ。ヒャッハー!」

てな感じなので、予約をしている人は他の人が並んでいようとも中に入って交渉をした方が良い。
当日ハワイで予約をしたいたので、あまり強くは言えないが、これはJALのホクレアのオプショナルツアーに入っていたので、
そこら辺はレクチャーして欲しかった。


ハワイでは日本人だらけなので大丈夫といえば大丈夫だが、英語が本当に苦手だと思っている人は、
I have reserved a table.とかI reserved at 7:00.とか言えた方がいいかもしれない。

帰り際にクック船長のオブジェがあったので、一緒に撮ってみる。その後で、若者達がノリノリでその後に続いて撮っていた。

エビがお出迎え
食べ終わった頃はもう暗かったので、シャッタースピードを2秒にして撮った。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

ファイアーダンス
こっちに飛んでこないか心配である。いや、心配していないけど。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

店内
ノリノリなオッちゃんが、司会をしながら、やたらと絡まれた。そういや、この音響再生がiphoneだったので、面白かった。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

エビ・寿司・牡蠣
これが食べ放題である。他にも唐揚げやサラダなどが置くにバイキング形式でおいてある。
エビがおいしい。寿司は普通。
[OLYMPUS E-510 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 ]

砂浜

ホテルへ戻り散歩をする。やはり夜景はきれいだ。

夜景
なかなか固定できるものがなかったので、シャッタースピードを1/1.3秒に設定し、ISO感度を800にして撮った。
暗い所と、明るい所が同時にある上に、風が強くカメラが動いてしまう。写真を撮るのが大変だ。
[Panasonic DMC-GF3 LUMIX 14-42mm F3.5-5.6]