読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドカードを交換

以前のパソコンで購入していたサウンドカードを、
今、使っているパソコンに換装した。

引越しまでに、交換しようと思っていて、ずるずるひきずってしまっていた。
前のパソコンのコードを全部抜いて、
パソコンを作業しやすい場所まで引きずり出して、
パソコンの中身をあけて、サウンドカードを引っこ抜いて、
パソコンのコードを全部さして、

新しいパソコンのコードを全部抜いて
以下略。

新しいパソコンでも同じ作業をして取り付けるという作業は、
あまりに面倒なのである。

しかし、取り付けると、
んもう、音質がぜんぜんちがうのである。

曇りがかっていた音が、さーっと晴れになった感じのクリアで艶っぽいのである。
また、それぞれの音がベターっとならずに、つぶつぶで独立して聞こえる。

よく、音を聞いて、採譜するいわゆる耳コピとかの経験がある人ならば、
わかると思うが、いろんな楽器を使った曲を聴いていて、
この音!っと決めて聞いた場合、その音が浮かび上がってくることが
ないだろうか。

その感触が味わいやすくなるのである。
同じ楽曲を聴いていても、
「あ、こんな音が入っていたんだぁ。」
という感じである。

この感覚が驚くほど小さな投資で実現できるのである。
私の環境では、それほどお金がかかっていないと思う。

サウンドカード
ONKYO SE-PC150

スピーカ
ONKYO GX-70AX(WB)

ヘッドホン
SONY MDR-CD2000

あと、オーディオテクニカのケーブルは高いけど、好き。