読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iTunesサーバ(DAAPサーバ)のインストール

どっちも

mt-daapdをインストールする。

# tar xzf mt-daapd-svn-1677.tar.gz
# cd mt-daapd-svn-1677
# ./configure --enable-sqlite3
# make
# make install

上の make install では、起動スクリプト(mt-daapd)と設定ファイル(mt-daapd.conf)が導入されないので、手動でコピーします。

# cp contrib/init.d/mt-daapd-fedora /etc/init.d/mt-daapd
# cp contrib/mt-daapd.conf /usr/local/etc

設定ファイル(mt-daapd.conf)を編集します。 以下には、必須項目だけを抜粋してあります。

# emacs /usr/local/etc/mt-daapd.conf
db_type = sqlite3
mp3_dir = /mnt/mp3

OS の起動時に、起動スクリプト(mt-daapd)が自動的に呼び出されるように設定します。

# chkconfig --add mt-daapd
# chkconfig --list mt-daapd
mt-daapd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
# service mt-daapd start
Starting DAAP server:

このままだったら日本語が文字化けする。
それをなんとかするためには、itunes 上で、
右クリックして、変換で、
IDタグをv2.2で変換すると、オッケイ。

あとは、ブラウザ上で、http://IPアドレス:3689で、
開き、Full Scanをするとオッケイ。