読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗鞍岳に行ってきた。

K大院のid:hms_hermes と一緒に長野県の乗鞍岳に行ってきた。
乗鞍岳とは、長野県の北アルプスの南の方という、結構口で説明するのが
難しい場所にある。場所的には諏訪湖のちょうど西あたり。
標高3026mという相当高い山であり、全力を出さなくても般ピーでも
頂上に到達できるお手軽な山なのである。
実際には環境規制で、途中からはバスまたはタクシーでいかなければならないが。
そこからは300m上るだけで頂上。である。

そう思って、私はid:hms_hermesに[考える限り最高の防寒体制を。そして懐中電灯]
といわれたが、意に介さずジーパンにTシャツ、カッターシャツに、あまりに
口をすっぱくid:hms_hermesがいうので、仕方なく一番薄いジャケットを着ていった。
靴もサービスして革靴ではなく運動靴を履いていった。

麓に到着した瞬間に後悔。
寒すぎる。寒すぎるのである。
他の客は完全防御態勢で登山バリバリの装備だった。
麓から山頂付近までのバスは暖房がかかっていた。
4:40分到着。
そこからは相当強烈な風が吹いていて、泣けてくる。
靴がすーすーするし、寒くてポケットから手を出せない。
っていうか寒い。耳が寒すぎてキンキンするし、頭が痛い。
でも300mなんてちょっとさ。と思って登山することを決意する。
以下、そのときのレビュー。


こんな感じ。

よく見ると変な雲が混じっていた。

で、登山途中でご来光してしまった。

で、事実に気がついた。これをこの寒さの中登れと?しかもまだ頂上は見えない。この時点ですでに5:30。
すでに我々の予定では30分登山。30分鑑賞。30分下山だったので、頂上で鑑賞中のはず。

雲が山を越えようとしていた。

残念ながらスミアが発生してしまった。

頂上らしき建物が・・・。

感動の頂上である。6:25分 1時間45分かかった。

寒くて寒くてたまらない。でも頂上には半小屋があって、風が吹く方向をガードするような壁があるのである。
これがあるのとないのとでは全然違う。遭難したら穴を掘れ[風をよけろ]とはこのことか。

ポテトチップスもこんな感じ。

雲海。

近くに花を発見。
イワギキョウという花らしい。

以上。