読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくわかるなぁ。

引用もと
http://www.popxpop.com/archives/2007/08/post_338.html
さらに引用もとの人が引用しているサイト
http://blog.pretheory.com/arch/2007/08/an_open_letter_to_anyone.php
さらに私が一つ追加したいこと

パソコンが得意だからといって、何でもかんでも人に仕事を
押しつけるのはやめてください。
文書を作成する仕事にしたって、タイピングするスピード自体は
私の方が速いのかもしれませんが、文書を推敲する時間は、
あなたと同じ程度、またはそれ以上の時間がかかるのです。


# 僕がコンピュータに詳しいからといってすぐにあなたの質問に答えられるわけではありません。多くの場合、まず僕がするのはGoogleで検索することです。コンピュータが手元にないバーや車の中などであなたの質問にすぐに答えられないからといって機嫌を悪くしないでください。

# そのGoogleですが、あなたも使ったほうがいいですよ。質問をする前にまずは検索してみてください。1日かけてイライラするよりも5分検索したほうがよい場合が多いのではないでしょうか。Googleで検索する前に質問をしてくるのはやめてください。

# Googleで解決できなかった場合は聞いてもいいのですが、メールや電話で問題を伝えるのはやめてください。あなたは十分に問題を説明した気になっているかもしれませんが、あなたは問題が何であるかもわかっていない場合が多いのです。

# 僕があなたのところにいってあなたのパソコンを直している間、ずっと話しかけるのはやめてください。親切心からそうしているのはわかるのですが、問題を解決するためにいろいろ読まなくてはいけないのです。そっとしておいてください。

# ただし、飲み物やらスナックやらは大歓迎です。

# 問題がすぐに解決する、とは思わないでください。これは映画ではないのです。ひょっとしたら1時間かかるかもしれません。だから「あと20分で出るんだけどさ」というときに僕を呼ぶのはやめてください。

# 時間がかかりすぎるからといって「あぁ、もういいよ。今日はやめよう」というのはやめてください。作業を始めたからには、問題を解決せずに立ち去るのは嫌なのです。諦めるべきタイミングは僕が自分で判断します。

# ときに問題を解決するのに数時間かかる、とわかってしまうことがあります。そうしたときには僕がその作業をできないからといって僕を責めないでください。僕にもやることがあるのです。世の中にはこうした作業を有料で請け負ってくれる人がいます。そうした人に頼むべきなのです。

# 僕が問題を解決できないからといって「えー、パソコンに詳しいんじゃなかったの?」というコメントはやめてください。僕は自分が使っているツールに詳しいのです。UNIXのプログラミングならわかりますが、Window98用のソフトはあまり詳しくないのです。

# 「コンピュータ専攻じゃなかったっけ?」というコメントも役にはたちません。大学でのコンピュータ学科は数学に近いものであって、こうした問題を解決する学問ではないのです。

# 最後に一番言いたいのは、「何度も同じことをやらせないでください」です。僕がアドバイスしたとおりにしてくれないと困ります。アンチウィルスソフトを入れてくださいね、といったにもかかわらず、そうしなかったためにまた同じ問題を解決させるのは本当にやめてください。