読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バドミントン試合

機能は、バドミントンの試合だった。
3回試合をやって、2勝1敗。
最後の一敗が3セットマッチのうち、
どちらも1セットとって、3セット目でジュースまでもつれ込んだ挙句に
負けてしまったのが悔しい限り。

それはおいておいて、M尾研では、画像の解析に、どうやらC#を使っている人が
多いそうであるので、ちょっと勉強してみた。

個人的には、VC6.0が慣れているのであるが、仕方がない。
C#に興味はあったので、せっかくだから楽しもう・・・・。

と、思ったが全く意味のわからないルールに苦しむ。
C++とは全然別モノ。半分Javaと思った方がよい。
でも、完全なオブジェクト指向ではないので、そこらへんのルールがさっぱりわからない。
たとえば、Javaには、.toString()というメソッドがあるが、
C#で同じことをしようとすると、プロパティなのにメソッドっぽくしていると、怒られた。
C#では()は省略して、.toStringとせよ。らしい。

あまりC#を利用する価値が見いだせない・・・。

とりあえず、はじめてのC#プログラミング
文字を入力すると、落ちます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;

namespace はじめてのCシャープ
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            string strX;
            int iRandom;
            Random rnd = new Random();
            iRandom = rnd.Next(1, 100);
            int code;
            Console.WriteLine("乱数is{0}\n", iRandom);
            int iCounter = 1;
            while (true)
            {
                Console.WriteLine("{0}回目!\n", iCounter);
                while (true) {
                    strX = Console.ReadLine();
                    if (strX.Length < 1) {
                        Console.Write("文字を入力しましょう^\n");
                    } else {
                        break;
                    }
				}
                code = int.Parse(strX);
                if ( iRandom > code ) {
                    Console.WriteLine("もっと大きい!\n");
                } else if ( iRandom < code ) {
                    Console.WriteLine("もっと小さい!\n");
                } else if ( iRandom == code ) {
                    Console.WriteLine("あたり!\n");
                    break;
                } else {
                    Console.WriteLine("文字を入力しましょう");
                }
                iCounter++;
            }
        }
    }
}

あ、あと個人的な感想ですが、

これからはじめるVisualC#2005入門編

これからはじめるVisualC#2005入門編

を買ったのだが、最悪だった。
500ページで、3200円もしたのだが、
だらだらだらだらオブジェクト指向はどーだこーだ。SOAP/XML
どーだこーだと、講釈が続く。それで40ページ。

次、IDEの名前の紹介で、90ページを費やす。
ちなみに途中で、こういうことをしたいときは。みたいなことが、結構書いてある。
いやいやいや、対象者に[プログラミングにはじめてチャレンジされる方]とかいってたくせに、

ソリューションを閉じたい場合は・・・

みたいな表現を使うな。

それでいて、SQLサーバにつないだり、クラスライブラリを一気にごちゃごちゃつっこんで無理やり500ページに収めている。
本当に、プログラミングにはじめてチャレンジされる方 用の本なのかな〜。

私的な解釈では、この本は、
[Visual C++を結構使っていて、今回新たにC#に初めてチャレンジされる方用]
かな。