読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本公開に向けて

学校Weblogシステムを本公開に向けて仮運用期間に入った。

というのも、私が作ったシステムが、システム的に機能するのかのチェックが必要だったり、
そもそも、教師にこういった 日記システムはマッチするのか。
というところを確認しないといけないからだ。

とりあえず、こんな予想。

1.このまま現状でほっとく。

結果 ほーむぺーじの更新が全然できていないじゃないかと苦情を受ける。
   −>実際受けた経験ありらしい。教育委員会からもしかられてるし。

2.担当のものに完全にまかせる。

結果 現在の状況になる。今の学校WebサイトはS藤先生が趣味で作って、その後興味を失ってほったらかしになってる。
   しかもビルダで更新しているので、誰も変更できない。
   しかも、Webサイトの更新は非常に手間がかかるので、誰もやりたがらない。
   ここ、今の内にいっておこう。
   Webサイト更新の担当者になれ。といわれたら、私は断るつもりである。
   現在の学校は、できるものがやる。できないものはやらなくていい(それを理由に何もしない)。
   となっているからである。

3.学校Weblogシステムをいきなり保護者に公開して運用する。
   システムがダウンするかも知れない。(私が片手間に作ったシステムである。完全なテストはしてない)
   途中で、更新が止まったら、保護者からクレームがくること必至。(一番の負けパターン)

というわけで、実際運用することが大切。
だから、完全に外部からアクセスできないように、パスワード認証をかけた。

テスト用場所はここ
http://ymlabo.ddo.jp/~ymlab/blogtest/

本番用場所はここ
http://ymlabo.ddo.jp/~mii/

開発用場所はここ
http://ymlabo.ddo.jp/~ymlab/blog/

実際の機能は開発用場所から、rsyncさせているだけなので、無尽蔵にコピーを作成できるんだけど。